読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meanwhile in Africa...

アフリカで今起こっていることを日本の皆様に正しくお伝えするため、海外大手ニュースサイトの記事を日本語で要約して発信します。

「アフリカのディズニーランド」 -ジンバブエの明るい未来-

このほど選挙が行われ、現職のロバート・ムガベ氏が大統領の座を維持したジンバブエ

いつだったか、「ジンバブエは私のものだ」と発言して物議を醸した、あのムガベ大統領ですが、

これで大統領の座に33年座り続けていることになるそうです。

大統領の独裁的支配、選挙時の不正、ハイパーインフレ。

ジンバブエというとそんなネガティブなイメージがつきまといますが、

どうやらそのジンバブエが、「夢の国」の建設を計画しているようです。

 

(原文:http://www.theguardian.com/world/2013/aug/26/zimbabwe-disneyland-africa-tourism, accessed 28th Aug, 2013)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

経済破綻と政治暴力で悪名高いジンバブエの役人たちは、自国のイメージ刷新を図ろうと、「アフリカのディズニーランド」の建設を目論んでいる。

同国の観光大臣によると、政府は同国随一の観光地であるビクトリアの滝のそばに、約300億円でテーマパークを建設する計画だという。

大臣が「アフリカのディズニーランド」と呼ぶこのテーマパークには、ショッピングモール、銀行、展示場、そしてカジノなどの娯楽施設を設置する予定で、ビクトリアフォール国際空港の近くには、ホテルとコンベンションセンター用に既に1200ヘクタール(1200万㎡)の土地を確保している。

 

大臣は言う。

ジンバブエに住んでいる人もそうでない人も、誰でも銀行口座を開設できるバンキング・センター。こういうものを備えた自由区域を作りたいのです。」

 

政府はさらに150億円を投資して、同地の空港を拡張する意向だ。

すでに、金融機関を含む資金拠出者が見つかっているという。

 

ジンバブエの観光産業は長きに渡る紛争とハイパーインフレで大打撃を負ったが、近年は回復してきている。

政府によると、2013年最初の四半期にはジンバブエを訪れる観光客の数が17%増加したそうだ。

政情が安定していれば、2015年までに観光産業はGDP(国内総生産)の15%を稼ぎ出すことになると予想されている。

 

現在、ビクトリアの滝のある町では、隣町と共催で、国連世界観光機関の総会が開かれている。

異論は多いがおおむね平和裏に行われた先月の選挙に続き、国連機関の総会を共催しているという事実は、ジンバブエの安定へと向けたひとつの道標と捉えられている。

 

しかしながら、ジンバブエを共催国に選んだことは、残忍で腐敗した権威主義政権を支持することであり、最悪のタイミングで間違った正当性を与えてしまったと、人権団体は批判する。

「選挙結果の改ざんや人権侵害の報告の只中にありながら、国連会合を開催することによって、ジンバブエに国家としての正当性を与えてしまった。

国連がジンバブエを美しい観光地に作り変えようとなどという考えは、率直に言って、反吐が出る。」

ムガベ大統領が国連お墨付きの「観光リーダー」として認識されることに対しても、33年の長期政権の批判者からは疑問が呈されている。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

「ディズニーランド」と言っても、ディズニーキャラクターが闊歩する本物のディズニーランドではなく、アフリカの一大アトラクションということですね。

 

観光客のための「夢の国」。

もし実現するとすれば、

ジンバブエの民の目には、どう映るのでしょうか。